ブログ

婚姻関係の破綻とは?

町田第一法律事務所の助川です。

本日は「婚姻関係の破綻」について説明します。

1.婚姻関係の破綻とは?

以前の記事で,不貞行為を立証するために必要なものについて説明いたしました。

不貞行為があれば損害賠償請求権が発生し,それの立証も出来そうであれば裁判で請求されてしまう可能性が高いです。

ただし,慰謝料請求をされてお困りの方からは,以下のようなお話をよく聞きます。

 ・不貞相手からは,夫婦関係が冷え切っている,と聞いていた。

 ・不貞相手からは,夫婦の会話もなく寝室も別々である,と聞いていた。

 ・不貞相手からは,いついつから別居している,と聞いていた。    etc…..

そもそも,不貞行為に基づく損害賠償請求が認められるのは,その行為が「夫婦の婚姻共同生活の平和の維持という権利」を侵害するためと考えられています。

ですから,不貞行為以前から相手夫婦の婚姻関係がうまくいっていなかったような場合には,「夫婦の婚姻共同生活の平和の維持という権利」を侵害することがないため,慰謝料請求が認められない場合もあり得ます。

具体的な裁判例も見てみます。

 

2.裁判例

2-1 最高裁平成8年3月26日判決

少し長くなりますが,最高裁平成8年3月26日判決を引用します。

甲の配偶者乙と第三者丙が肉体関係を持った場合において,甲と乙との婚姻関係がその当時既に破綻していたときは,特段の事情のない限り,丙は,甲に対して不法行為責任を負わないものと解するのが相当である。けだし,丙が乙と肉体関係を持つことが甲に対する不法行為となるのは,それが甲の婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益を侵害する行為ということができるからであって,甲と乙との婚姻関係が既に破綻していた場合には,原則として,甲にこのような権利又は法的保護に値する利益があるとはいえないからである。」

 

裁判例においても言及されているとおり,夫婦関係の婚姻関係が既に破綻していた場合には,婚姻共同生活の平和の維持という権利があるとはいえないことから,不法行為責任を負わない(慰謝料請求権が認められない)とされています。

2-2 具体的事情

この裁判例では,ざっくりまとめると以下のような事情がありました。

・夫が会社の経営を引き継ぎにあたって代表取締役に就くことに,妻が懸念を示して喧嘩となった。

・夫が別居目的で家庭裁判所に夫婦関係調整の申立てをした。

・夫は自宅とは別にマンションを買って別居を開始した。

⇒ 別居開始時以降に,不貞行為が開始された。

 

3.婚姻関係の破綻というためには必要な事情とは?

裁判となった場合,慰謝料を請求されている側から,婚姻関係が破綻していたといえる事情を主張してその立証をしなければなりません。

そのため破綻といえるだけの客観的な事情が求められるでしょう。

3-1 別居していた場合

「別居していた」という事情は客観的にも立証できる場合があり,そのような場合には婚姻関係が破綻していたと認定される可能性があるでしょう。

ただし,いわゆる家庭内別居のような場合には,外からはわかりにくい事情のため,その立証は難しくなることが予想されます。

3-2 生活の実体を共にしていなかった場合

たとえば,一緒に食事を採っていなかった場合や,一緒に外出することがなかった場合,など生活の実体を共にしていなかった場合には,ほかの事情も照らし合わせれば,婚姻関係が破綻していたと認定される場合があるかもしれません。

ただし,その立証のためには,普段の生活について不貞相手に証言をお願いすることになるでしょう。

3-3 仲が悪いと聞いていた場合

単に,仲が悪いと聞いていた,という程度では婚姻関係の破綻が認定される可能性は小さいでしょう。

 

4.まとめ

婚姻関係の破綻についておわかりいただけたでしょうか。

夫婦関係が上手くいっていないと聞いたので交際を始めたのに… という話はよく耳にするところです。

しかしながら,単にそれだけでは婚姻関係が破綻していたとはいえず,不貞相手の配偶者から慰謝料を請求されてしまう可能性は考えられます。

どのような場合に婚姻関係が破綻していたといえるかは個別具体的な事情によりますので,気になる方は当事務所までご連絡ください。

町田第一法律事務所 TEL:042-850-9946

メールでのお問い合わせはこちらから。

 

 

 

関連記事

  1. 不貞行為を立証するためには?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP