ブログ

不貞行為を立証するためには?

町田第一法律事務所の助川です。

本日は,不貞行為の立証について解説します。

1.不貞行為とは?

不貞行為とは「配偶者のある者が,自由な意思に基づいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと」をいいます。

配偶者が不貞行為をした場合には,配偶者に対して,配偶者の不貞相手,またはその双方に対して不法行為に基づく損害賠償請求をすることが出来ます。

肉体関係をもった場合には,それが一回限りであったとしても不貞行為に当たることは争いがないでしょう。

一方で,手をつなぐ,キスをする,ハグをする,くらいでは不貞行為に当たりません。

 

また,「自由な意思に基づいて」性的関係をもつことが必要ですから,無理やり性的関係を迫られた場合(いわゆる強制性交の場合)には不貞行為にはなりませんが,相手の男性が積極的にアプローチしてきたため,つい行為に及んでしまったような場合には,断ることも可能だったわけですから,不貞行為に当たるでしょう。

 

2.立証するために必要なものとは?

それでは,不貞行為を立証するためにはどのようなものが必要なのでしょうか。

行為に及んでいる最中の動画や写真があれば証拠として固いです。たとえ揉めて裁判になったとしても勝訴する可能性が飛躍的に高まります。

②探偵事務所に不貞の証拠の取得を依頼した場合には,ホテルや不貞相手の部屋を出入りする写真を取得してくれることが多いです。

成人の男女が密室で長時間過ごした場合には,何らかの行為が行われたと推測できますので,これでも不貞行為の立証として成功する可能性があります。

不貞行為の存在を推測させるLINE・メールのやり取りでも,内容によっては不貞行為の立証として成功する可能性があります。

第三者(友人等)の供述でも不貞行為を立証できる可能性がありますが,揉めて裁判になった場合には何らかの形で協力してもらう必要があります。

 

3.さいごに

不貞行為の意味と,立証のために必要なものについてご理解いただけましたでしょうか。

その他,こんなものでも証拠になるの? と心配な方は,下記までご連絡のうえお話をお聞かせください。

町田第一法律事務所 TEL:042-850-9946

メールでのお問い合わせはこちらから。

関連記事

  1. 婚姻関係の破綻とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP