ブログ

職種制限とは? その種類は?

町田第一法律事務所の助川です。

本日は,自己破産した場合の職種制限についてご説明します。

 

【制限される職業】

以下のような職業に就くことが制限されます。

・士業(弁護士,弁理士,司法書士,不動産会計士,公認会計士,税理士など)

・生命保険募集人

・警備員

・風俗業管理者

このほかにも,様々な職種制限があります。

 

【期間】

裁判所に自己破産の申立てをすると裁判所が開始決定を出します。

この開始決定時から職種制限が始まります。

そして,最終的に免責が許可されたのち復権することにより,職種制限が解除されます。

 

自己破産をした場合には,一定期間就くことのできない職業があるため,自己破産申立ての準備中に転職を検討する場合などには気を付ける必要があります。

 

お借入れの返済にお悩みの方は,ぜひ町田第一法律事務所までご連絡ください。

町田第一法律事務所 TEL:042-850-9946

メールでのご予約はこちら

 

関連記事

  1. 自己破産のメリットは?
  2. 任意整理とは?
  3. 債務整理の種類とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP